サッカー日本代表応援ブログ☆時々なでしこも。

最近、海外サッカーにハマっている私は、「日本代表なんて興味なくなっちゃった。だって外国のサッカーのほうが面白いんだもの。」なんて言っていましたが・・・私、嘘ついていました。めっちゃ気になります。やっぱり私、日本人でした。ということで日本代表を応援するブログ。時々なでしこについてもつぶやきます♪

*

w杯のインタビュー、国によって答え方が全然違っておもしろい。

      2016/01/06

W杯のインタビューを見ていると、国によって答え方が全然違ってとても興味深いです。

インタビュー

日本人は謙虚です。
とにかく謙虚なことを美徳としていることがわかります。
そして、出る杭は打たれる文化だなと感じます。

日本人は負けると、

「自分が弱かった」

「もっと頑張らなくてはいけない」

「実力の差がある」

「応援してくれた人に申し訳ない」

と、自分の責任だと言います。

ま、今回のW杯は確かに日本は歯が立たなかったので、謙虚なコメントしか言えないかもしれませんけどね。

勝った時も、

「応援してくれた皆さんのおかげ」

「もっとできる」

「あそこがダメだった」

「反省点を生かして次に」

こんな調子です。
どこまで行っても自分に厳しいです。

一方外国のチームを見ると、

「自分たちはよくやったと思う」

「相手は強かったが、自分たちに運がなかったのも事実だ」

「応援してくれた人を喜ばせられなかったのは残念だが、自分たちは精いっぱい戦った」

「不運が重なっただけだ」

「チームの戦いに誇りを持っている」
W杯でもこんなインタビューをよく聞きます。

基本的に、自分たちはよくやったんだ、精いっぱい戦ったんだと言う事をアピールします。
そして、相手を称えますが、運のせいにもします。

こういう違いって面白いな~と思ってW杯を見ています。

ま、日本の選手が、

「運がなかっただけで、自分たちはよくやったんだ」

なんて言ったら、あっという間に叩かれるんでしょうけどね。

このメンタルの違いって試合に影響したりしないのかな?
日本人は優しすぎるというか弱気すぎるんじゃないかな?
自信を持ちすぎるのもよくないですが、日本人はもっと自信を持った方が良いんじゃないかな?

 - サッカー男子日本代表